個人型確定拠出年金は、自分でお金を拠出して、自分で運用しながら将来の年金を作れる仕組みです。メリットが多いですがその反面一定のデメリットもあるので、それぞれの人が仕組みを理解して利用しなければいけません。

利用するメリット

個人型確定拠出年金は、2017年から利用できる人の範囲が大きく広がり、金融機関も積極的に口座の募集をしています。多くの人にメリットがあるとされているので、どんなメリットがあるかを理解して自分に合うなら利用すると良いでしょう。

自分で年金を作れる

税制優遇による節税効果

開始や中止はある程度自由

利用のデメリットを知る

個人型確定拠出年金はメリットが多いとされていますが、すべての人にメリットがあるわけではありません。周りの人に流されて利用したら、想定外の状態になる可能性もあります。デメリットを知ると利用の判断材料になるでしょう。

毎月一定の手数料がかかる

金融機関を利用するときの手数料は、時代によって変わってきました。かつては証券会社に口座を作ろうとすると、毎年口座管理手数料が数千円必要なのが当たり前でした。今はほとんどの証券会社で0円になっていま…

運用に失敗したら資産が減る

個人型確定拠出年金の利用対象が広がり、利用を検討する人が増えています。自分で拠出をして、自分で資産を運用して、運用した結果の資産を年金として受けられます。公的年金では十分かどうかわからないので、ど…

色々な変更手続きに手間がかかる

普通に金融機関を利用するとき、複数の金融機関をどう使おうと特に制限はありません。一人で複数の金融機関を使っても問題ないので、資金を移動したり投資資産を移動するのもすぐに行えます。振込などを行えば、…

© Copyright Tax On Salary. All Rights Reserved.