税制優遇による節税効果

現役時代の所得税を減らせる

所得があると所得税を払わなくてはいけません。所得にはいろいろありますが、現役時代で多くなるのは給与所得になるでしょう。自営業者などなら事業所得が多くなるかもしれません。どちらにしても所得から所得税が計算されて支払う必要があります。所得税を減らす方法としては、所得を減らすか所得控除や税額控除を増やす等になります。個人型確定拠出年金を利用するメリットとして、このうちの所得控除を増やす部分が使えます。社会保険料控除などと同じように、拠出したお金全てが所得控除にできます。1カ月5千円でも年間6万円拠出できるので、個人年金よりも多くの控除が可能です。資産にお金を移すだけで税金を減らせるので、使わない手はないでしょう。

運用益が出ても課税されない

老後に備えて定期預金や投資信託や株式に投資をしている人がいるかもしれません。定期預金だと定期的にわずかながらの利息がもらえます。利息がもらえる時にはきちんと所得税などが源泉徴収されています。投資信託や株式投資に関しても、利益分には課税されるのが基本の手続きになります。個人型確定拠出年金では、年金資産として定期預金や投資信託での運用が可能です。利息を得たり運用益を得たりして資産を増やせば、将来の年金も多くなって生活が楽になります。この時の利益に対しては税金がかかりません。すべて年金資産として残されます。自分で積み立てると税金がかかるので、同じ目的で積み立てるなら個人型確定拠出年金を利用した方がいいでしょう。

© Copyright Tax On Salary. All Rights Reserved.